【AGA治療マニュアル11】あなたに必要な薄毛対策は?

 

ここまで、さまざまなAGA治療法について解説してきましたが、結局のところ「私にピッタリなのはどの治療法なの?」ということが一番気になることだと思います。

 

AGA治療法 −あなたのハゲ・薄毛を根本的に解決する方法は?−

 


 

AGA専門医に相談


 

そこで、このページでは、ハゲ・薄毛の症状別に、あなたに試してみてほしい治療法をまとめてみます。1番(費用対効果で最もスタンダードなプラン)、2番(さらに効果を高めるためのプラン)、3番(最低限これだけはやっておくべきプラン)というイメージでおすすめプランを順位付けしてみたので参考にしてください。

 

個人的には、多少お金がかかったとしても、ハゲの悩みから開放されるのであれば、お金には代えられない価値があると思います。ですが、当然予算のこともあると思いますので、無理のない範囲で検討してみてください。

 

ちなみに・・・

 

全てのケースで、AGA治療薬の「フィナステリド」は必ず使うと思ってください。つまり、例えば「植毛」とだけ書いているプランでも「フィナステリド(最低1年間)+自毛植毛」という組み合わせで考えてほしいということです。

 

 

AGA治療では「フィナステリド内服薬」を必ず使います!

 

 

フィナステリド(商品名プロペシア)は1ヶ月7,000円程度かかりますが、医学的根拠のある治療法なので、怪しげな育毛剤のようにお金がムダになることはありません。支払った金額に見合うだけの価値を感じられるはずなので、「自己投資」と考えて試してみてほしいです。

 

1.生え際の両端が後退しているケース(※M字ハゲ)

 

M字ハゲを確実に治療したいなら、第一選択肢は「自毛植毛」で決まりです。植毛バカ自身が悩んでたのがこのケースですが、自毛植毛したおかげでコンプレックスからすっかり開放されました。自毛植毛のデメリットは術後2〜3日は後頭部に血がにじんだりすること。有給休暇をまとめて取るなどして、ぜひ挑戦してみて欲しいです。予算が不安な場合は医療ローンも利用できるので、カウンセリングを受けて正確な見積もりを出してもらうといいです。

あなたにおすすめのプランは?

  1. 植毛・・・当初予算40万円程度〜
  2. 植毛メソセラピー・・・当初予算60万円程度〜
  3. AGA治療薬のみ・・・当初予算1万円程度〜

※上記の費用は目安です。症状によって個人差があります。
※植毛バカは上記2番のフルコースを選びました!


 

2.生え際が全体的に後退しているケース(※U字ハゲ)

 

生え際が全体的に後退して、おでこが極端に広くなってしまっているケースも、効果が確実という意味で「自毛植毛」が第一選択肢になりえると思います。ただし、移植本数が1500グラフトを超えるほどになると、後頭部から十分な本数を採取できない可能性がありますし、費用面でも100万円を超えてくるケースがあるかと思います。そう考えると、まずは負担感の少ない「育毛メソセラピー/HARG療法」を第一選択肢とするのが現実的かもしれません。

あなたにおすすめのプランは?

  1. メソセラピー・・・当初予算20万円程度〜
  2. 植毛・・・当初予算70万円程度〜
  3. AGA治療薬のみ・・・当初予算1万円程度〜

※上記の費用は目安です。症状によって個人差があります。


 

3.頭頂部のつむじ周辺が薄くなっているケース

 

頭頂部のみが薄いケースでは、ひとまず「AGA治療薬」を使いながら様子を見るのが第一選択肢になると思います。立っているときはあまり目立たないわけですし、それほど費用をかけないで、じっくりと治療に取り組めばいいと思うからです。効果を少しでも早く感じたい場合には、担当医と相談して「育毛メソセラピー/HARG療法」を併用してもいいと思います。

あなたにおすすめのプランは?

  1. AGA治療薬のみ・・・当初予算1万円程度〜
  2. メソセラピー・・・当初予算20万円程度〜

※上記の費用は目安です。症状によって個人差があります。
※メソセラピーは3回1セット×2〜4セット程度必要かも?


 

4.M字ハゲとO字ハゲが同時進行しているケース

 

M字とO字が同時進行しているケースは、この段階で確実に進行を止めないと大変なことになってしまいます。とにかく早急に対策する必要があると思うので、M字部分には「自毛植毛」、O字部分には「育毛メソセラピー/HARG療法」のフルコースで対策すべきだと考えます。予算的に厳しい場合には、医療ローンを利用することを検討してみるといいかもしれません。

あなたにおすすめのプランは?

  1. 植毛メソセラピー・・・当初予算60万円程度〜
  2. 植毛・・・当初予算40万円程度〜
  3. AGA治療薬のみ・・・当初予算1万円程度〜

※上記の費用は目安です。症状によって個人差があります。
※メソセラピーは3回1セット×2〜4セット程度必要かも?


 

5.U字ハゲとO字ハゲが同時進行しているケース

 

ここまでハゲ・薄毛の症状が進行してしまっている場合には、2番目のケースでお話ししたのと同じ理由で「自毛植毛」はあまり現実的ではないかもしれません。もし植毛バカがこのケースで悩んでいるとしたら、「AGA治療薬」を使いながら様子を見つつ、担当医と相談して「育毛メソセラピー/HARG療法」を毎月1回、1年程度を目処(めど)に試してみると思います。

あなたにおすすめのプランは?

  1. メソセラピー・・・当初予算20万円程度〜
  2. AGA治療薬のみ・・・当初予算1万円程度〜

※上記の費用は目安です。症状によって個人差があります。
※メソセラピーは3回1セット×2〜4セット程度必要かも?


 

6.生え際から頭頂部がほぼハゲ上がったケース

 

ハゲの症状がここまできたら、「もはや手遅れでは?」と思うかもしれません。ですが、AGAは一般的に、髪の毛が生えていなくても毛包は残っているものなので、「AGA治療薬」や「育毛メソセラピー/HARG療法」でまだまだ症状の改善が期待できます。いずれにしても、自分で勝手に判断するのではなく、AGA専門医に一度診察してもらうことが大切です。AGA専門医はいろんな症状の患者さんを診てきているので、最適な治療法を提案してくれるはずです。決してあきらめちゃダメです。

あなたにおすすめのプランは?

  1. メソセラピー・・・当初予算20万円程度〜
  2. AGA治療薬のみ・・・当初予算1万円程度〜

※上記の費用は目安です。症状によって個人差があります。
※メソセラピーは3回1セット×2〜4セット程度必要かも?


※植毛バカがAGA治療を受けたのはこちら