【AGA治療Q&A】ミノキシジルの副作用と植毛後の初期脱毛

はじめまして。アルタス植毛をしまして36日目になります。私は1000株で、M字中心に三角形を描く感じで前頭部を広く植毛しました。プロペシアとミノキシジルを飲んでましたが二週目よりミノキシジルの副作用か、倦怠感や動悸、胸痛が起こったため今はプロペシアのみです。初期脱毛も二週間前から始まり、今も継続です。スカスカになって不安しかないのですが大丈夫でしょうか。ミノキシジルは副作用は大丈夫でしたのでしょうか。移植した毛はまだほとんど残っています。既存毛が抜けてる感じです。内容が纏まらず申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

いただいたご質問に関しまして、順番に回答させていただきます。

 

 

ミノキシジルの副作用について

 

ミノキシジルの副作用についてですが、私自身はまったく平気でした。すでに1年以上服用していますが、今でも特に問題はありません。産毛が生えてくる効果が確認できていますし、今後も継続していく予定です。

 

一方で、たまに体質的に合わない方もいらっしゃるようですね。ミノキシジルには血圧を下げる作用があるそうで、倦怠感、動機、胸の痛みといった副作用が出る場合があると説明書にも書かれています。おそらくご相談者様の場合は体質的に合わないのかもしれません。

 

いずれにしても、医師と相談しながら使用することが大切ですね。

 

 

植毛後の初期脱毛について

 

ご相談者様はまだ36日目とのことなので、これからまだまだ抜け毛が続くと思います。私の経験から言いますと、ちょうど3ヶ月くらいの時期がもっとも薄くなっていたように思います。

 

ヘアサイクルという言葉を聞いたことがあると思いますが、ご相談者様の既存毛の「退行期」にある髪の毛が一旦全部抜けてしまうイメージだと思ってください。もう少し正確に言うなら、AGAの症状でジヒドロテストステロンの攻撃を受けて傷んだ毛根の毛が一旦全部抜けてしまうということになると思います。

 

なので、不安になるほど大量に抜けますが、3ヶ月くらいで傷んだ毛根の毛が抜けきってしまうのでその後は右肩上がりに毛量が増えていきます。

 

ということでまとめますと、現時点で不安に思う必要はありません。すでにやるべき治療はやっているので、「そのうち生えてくるでしょ♪」という楽な気持ちでお過ごしください。へんにストレスを感じながら生活するとそれが原因で抜け毛が増えないとも限りませんし、半年くらい気にせずに待つということでいいと思います。