【AGA治療体験談】植毛手術のために白髪染めをしてきました!

 

2015年7月24日(金)の日記

 

 

カウンセリングのときにもらった自毛植毛の説明資料に、次のような注意書きがありました。

 

 

白髪がある人に向けた注意事項

 

 

画像では読みにくいかもしれないですが、ようするに「植毛手術の前日までに理髪店で白髪染めをしておいてください」という注意書きです。

 

なぜ自毛植毛する前に「白髪染め」をする必要があるのか?

 

なぜ白髪を染めないといけないのかというと、「ARTAS(アルタス)ロボット」のセンサーは、髪の毛の黒い色に反応する仕組みになっているからです。もし白髪が多いと、センサーが白髪を髪の毛と認識しないため、一定面積あたりから採取できるドナーの本数が少なくなってしまいます。

 

 

白髪があると一定面積あたりの採取本数が少なくなる!

 

 

例えば、アルタスロボットが一定面積から20%のドナーを採取する設定になっていると仮定します。この場合、白髪がなければ100本中20本のドナーを採取することができます。しかし、白髪が100本中30本あるとすれば、残り70本の20%で14本しかドナーを採取することができません。

 

一定範囲から一定割合でドナーを採取するので、白髪が多いと採取本数が少なくなってしまいます。つまり、白髪が多いままで植毛手術を受けると、必要な本数のドナーを採取するためには、より広い面積を刈り上げないといけないというわけです。

 

刈り上げる面積はなるべく狭くしたいですし、植毛バカはけっこう白髪が多いので、人生初の白髪染めをやってもらいに行くことにしました。

 

博多駅地下の床屋さんに行ってきました!

 

植毛バカは普段は「美容院」で髪を切るのですが、今回はあえて「床屋さん」に行ってきました。担当の美容師さんに余計な詮索をされたくなかったのと、お年寄りの利用者も多い床屋さんの方が白髪を根本からバッチリ染めてくれるんじゃないかと思ったからです。

 

 

今回利用した床屋さん

 

 

床屋さんに入ってみると、店内に理容師さんが5〜6人ほどいましたが、お客さんは1人もいませんでした。完全貸切状態で1時間程度。結局、最後までお客さんは植毛バカ1人だけで、儲かってるのかどうか心配になってしまいました・・・。

 

 

スマホでクーポンを見せて、お値段は4,400円でした。

 

 

白髪染めだけで4,400円っていうのは、ちょっと高いような気もしますね。相場価格がよく分からないですけど、ちょっと痛い出費です。もし白髪がそれほど多くない人なら、わざわざ床屋さんで白髪染めしなくても、自宅で白髪染めすればいいかもしれないですね。

 

 

次回使える割引券ももらいました!

 

 

次回使える割引券をもらいました。おそらく今後行くことはないと思いますが、ありがたく受け取っておきました。ちなみに、白髪は根本からバッチリ染まりましたよ。お客さんが少なすぎて「大丈夫かなー?」って不安になりましたが、技術的にはバッチリでした!

 

 

白髪染めした後はモスバーガーで昼食

 

ある意味これも植毛関連の経費ですね(笑)

 

 

どうでもいいことですが、植毛バカはモスバーガーが大好きです。ミートソースっぽい特製ソースが絶品ですよね。トマトの風味とタマネギのシャキシャキ感が癖になります!

 

 

植毛する27日に台風が来そうで心配(※tenki.jpより転載)

 

 

白髪染めもしたし、これで事前準備は完了。植毛手術は3日後の7月27日ですが、台風が接近してきてるのがちょっと心配です。植毛バカは雨男なんですよね・・・。

※植毛バカがAGA治療を受けたのはこちら