【AGA治療体験談】自毛植毛59日目

 

2015/09/24(木)の日記

 

植毛バカはどちらかというと「睡眠不足」な生活をしてきたと思います。寝る時間が4時間とかが普通だったんです。夜更かししたときには2時間くらいしか寝ないこともあったりして、一般的な人よりも寝る時間がかなり少なかったと思います。

 

寝る時間が少ないと体調が悪くなることも・・・

 

20代の若い頃は本当に体力があったなーと思います。寝る時間が少なくても、日中は元気いっぱいで働くことができたんです。もちろん、週末はタップリ寝だめしてましたが、それだけで平日はフルパワーで活動できてました。

 

管理人:植毛バカ

 

ですが、30代になってからは、一気に疲れやすくなってきたような気がします。寝る時間が少ないと、日中にものすごい疲労感を感じるようになってきたんです。そして、植毛バカの薄毛が気になってきたのもこの頃からです。



 

医学的なメカニズムはよく分かりませんが、日常的に寝る時間が少なかったのが、植毛バカが薄毛になった原因のひとつではないかと思います。睡眠不足の状態だと体内のエネルギーみたいなものが失われてしまうので、毛根にも十分なエネルギーが行き渡らなくなると思うからです。

 

髪の毛というのは「皮膚の一部」と言われます。そして、睡眠不足のときって、お肌のコンディションが目に見えて悪くなるものです。ということは、寝る時間が少なすぎるというのは、お肌にも髪の毛にも悪影響があるということになります。

 

普段、お仕事が忙しいなどの理由で寝る時間を確保できていない人は、なるべく早めに帰宅するように心がけて、睡眠時間を少しでも多く確保するようにしましょう。薄毛になるリスクが多少は減ると思いますし、日中のお仕事も今よりもっとはかどるようになるはずです。

 

植毛バカの定点観測写真

生え際正面

 

右側の生え際

 

右側生え際

 

左側の生え際

 

左側の生え際

編集後記

 

植毛バカが子供だったころには、よく自分でお好み焼きを作ってました。植毛バカはけっこうお手伝いをする子供だったので、料理の手伝いなどもよくやってたんです。

 

本日食べた広島風のお好み焼き

 

植毛バカが自分で作ってたお好み焼きは、いわゆる関西風の一般的なお好み焼きでした。子供でも簡単に作れますし。広島風のお好み焼きを初めて食べたのは大学生のころで、第一印象としては「えーっ、これがお好み焼き?!」って感じでビックリしたものです。

 

最初はちょっと抵抗感があって好きになれなかった広島風のお好み焼きでしたが、最近では広島風のお好み焼きも大好きですね。「お好み焼き」として考えると抵抗感が出てしまうんですが、「焼きそば」として考えると何の抵抗感もなくおいしくいただけます。むしろ、「よく考えたなー!」と感心してしまうほどです。

※植毛バカがAGA治療を受けたのはこちら